大掃除のコツ ホーム

大掃除のコツ

 

大掃除は、1年に1回か2回する恒例の年中行事になります。基本的には多くの方が新年を迎える前の年末に行うのではないでしょうか?その1年の過ごし方によって、大掃除の大変さが変わってきます。また、効率の良い方法を知っているだけで大掃除にかかる時間も違います。

大掃除の際に手を加える場所はどこになりますでしょうか?リビングや寝室などは普段から掃除している場所になるのかもしれません。しかし、長らく手を付けていないタンスの上やじゅうたんの下、電化製品やその裏側など、大掃除では非常に多くの場所をきれいにしなければなりません。

その負担を減らすためには、当然日頃からの掃除方法になります。掃除はためて行うから大変だという考え方もあります。日頃からこまめに掃除しているようなご家庭では、大掃除もすぐに終わってしまうそうです。汚れてから行う掃除は、汚れる前に行うお手入れの何倍も大変なのです。

しかし現実を考えると、日頃から欠かさず行う掃除箇所と言えば、キッチンやお風呂、トイレなどの水回りや簡単にモップ掛けすることにできる各部屋の床などに集中しているのではないでしょうか?

それ以外の箇所は普段から手入れする時間も余裕もないため、結局は他の場所とまとめて年末の大掃除にきれいにするということになってしまいます。1年間の汚れはひどいものです。1年間手を加えなかった場所はひどく汚れ、非常に時間がかかるかもしれません。

それでも来年の初めを気持ちよく迎えるためにも、できるだけ我が家をきれいにしたいと思うのが本音です。それでは、どのように行えば短時間で効率的に掃除ができるのでしょうか?

掃除の正しい方法をしっかりと叩き込めば、どこを掃除しようが同じです。短時間で終わらせることも可能です。当サイトでは、場所ごとに掃除の方法を紹介させていただいております。掃除の方法がわからない、汚すぎて手を付けられないという方は、当サイトをご覧いただき効率的な掃除を覚えていってください。